消費者金融が持っている個人情報はいつまで残るのか

消費者金融は申し込み者からの申し込み書類、本人確認書類、そして収入証明書などの内容をチェックして融資の可否を検討します。しかし、消費者金融が審査時に利用する書類は、これらの書類だけではなくJICCやCICCなどの信用情報機関が管理を行っている個人情報を照会するのが特徴です。個人情報は消費者金融への申し込みの記録を初め、借金返済がしっかりと行われているか否か、債務整理などによる金融事故の情報などの情報が記録してあるものです。ブラックリストと言った言葉を耳にしたり目にした事がある人は多いかと思われますが、ブラックリストは金融事故の情報を意味しており、個人情報に債務整理や延滞などの記録がある事を意味しています。

延滞や自己破産などの情報は、お金を貸す側としても不安なものとなるため、審査落ちが行われるケースが多いのです。ちなみに、消費者金融に申し込みをすると、JICCやCICCなどの個人情報の照会が行われると同時に、申し込みの記録が残ります。短期間に数社に申し込みをしてしまうと、お金に困っている申し込み者などの汚名を着せられてしまうので注意が必要です。

個人情報に記載が行われている情報は残る事になり、一定期間が過ぎると、種類に応じて自動的に消滅するようになっているのが特徴です。ちなみに、申し込みの記録についてはJICCの場合は照会した日付などの情報は半年間保持されますし、延滞が発生した情報は延滞期間中、延滞が解消した情報は解消した時点から1年間を超えない期間と言われています。

【初めての消費者金融】カードローンでおすすめの1枚はコレ!はこちら