母親にお金を借りるときの念書の書き方まとめ

金銭的に厳しい状態の時のお金借りる方法として身内を頼ることもあります。一人暮らしをしている場合などは生活費が足りずにお金を工面する必要がでてくることもあり、友人や知人を頼る以外にも母親からお金を借りるということもあります。
家族とはいえ、お金を借りるという場合にはきちんと返済のための約束をするということは大切です。母親だから返済が遅れたりしても許してもらえるというような甘い気持ちでいるときちんと返済せずにうやむやになってしまうこともあるでしょう。ですが、母親からしてみれば自分の子供がお金を借りるという点、そして返済をきちんとしないということにショックを受ける可能性もでてきます。家族間とはいえ借りたものはしっかりと返すということは大切なことです。
母親にお金を借りる場合には、念書を書きましょう。念書の書き方としては、しっかりと返済期日を決めその日までに返済をすること、そしてお金を貸した相手からしてみれば計画性のない念書はちょっと不安を抱きます。そのため具体的に自分の生活状況からどのように節約をしたり、収入の何割かを返済に充てるなど相手に返済計画がわかるような念書の書き方をするといいでしょう。
母親だから口約束で問題ないという家庭もあるでしょうが、お金は大切なものです。金額にかかわらずしっかりとお金を借りた場合には、約束の日までに返済をすることを心がけましょう。そして気のゆるみにより返済が遅れたり滞ったりしないためにも、念書で自分の意思が伝わるように内容を書くことが重要なポイントといえます。