消費者金融が持っている個人情報はいつまで残るのか

消費者金融は申し込み者からの申し込み書類、本人確認書類、そして収入証明書などの内容をチェックして融資の可否を検討します。しかし、消費者金融が審査時に利用する書類は、これらの書類だけではなくJICCやCICCなどの信用情報機関が管理を行っている個人情報を照会するのが特徴です。個人情報は消費者金融への申し込みの記録を初め、借金返済がしっかりと行われているか否か、債務整理などによる金融事故の情報などの情報が記録してあるものです。ブラックリストと言った言葉を耳にしたり目にした事がある人は多いかと思われますが、ブラックリストは金融事故の情報を意味しており、個人情報に債務整理や延滞などの記録がある事を意味しています。

延滞や自己破産などの情報は、お金を貸す側としても不安なものとなるため、審査落ちが行われるケースが多いのです。ちなみに、消費者金融に申し込みをすると、JICCやCICCなどの個人情報の照会が行われると同時に、申し込みの記録が残ります。短期間に数社に申し込みをしてしまうと、お金に困っている申し込み者などの汚名を着せられてしまうので注意が必要です。

個人情報に記載が行われている情報は残る事になり、一定期間が過ぎると、種類に応じて自動的に消滅するようになっているのが特徴です。ちなみに、申し込みの記録についてはJICCの場合は照会した日付などの情報は半年間保持されますし、延滞が発生した情報は延滞期間中、延滞が解消した情報は解消した時点から1年間を超えない期間と言われています。

【初めての消費者金融】カードローンでおすすめの1枚はコレ!はこちら

母親にお金を借りるときの念書の書き方まとめ

金銭的に厳しい状態の時のお金借りる方法として身内を頼ることもあります。一人暮らしをしている場合などは生活費が足りずにお金を工面する必要がでてくることもあり、友人や知人を頼る以外にも母親からお金を借りるということもあります。
家族とはいえ、お金を借りるという場合にはきちんと返済のための約束をするということは大切です。母親だから返済が遅れたりしても許してもらえるというような甘い気持ちでいるときちんと返済せずにうやむやになってしまうこともあるでしょう。ですが、母親からしてみれば自分の子供がお金を借りるという点、そして返済をきちんとしないということにショックを受ける可能性もでてきます。家族間とはいえ借りたものはしっかりと返すということは大切なことです。
母親にお金を借りる場合には、念書を書きましょう。念書の書き方としては、しっかりと返済期日を決めその日までに返済をすること、そしてお金を貸した相手からしてみれば計画性のない念書はちょっと不安を抱きます。そのため具体的に自分の生活状況からどのように節約をしたり、収入の何割かを返済に充てるなど相手に返済計画がわかるような念書の書き方をするといいでしょう。
母親だから口約束で問題ないという家庭もあるでしょうが、お金は大切なものです。金額にかかわらずしっかりとお金を借りた場合には、約束の日までに返済をすることを心がけましょう。そして気のゆるみにより返済が遅れたり滞ったりしないためにも、念書で自分の意思が伝わるように内容を書くことが重要なポイントといえます。

窓口で即日振り込み融資を受けることが出来るときと出来ないとき

急な出費でまとまったお金が必要になるときは誰にでもありますが、そうした急な事態に対応してくれるのが即日振り込み融資です。インターネットやテレビなどでもよく聞くようになりましたが、誰でも簡単に借りることができるというイメージを持っている人も少なくはないでしょう。しかし、誰でも即日振り込み融資を受けられるというわけではありません。
盛んに即日振り込み融資を行っているのは消費者金融ですが、今では窓口に行くことなく申し込みが可能になりました。場合によっては一切窓口に行くことなく融資を受けることもできますが、即日振り込み融資となれば契約後にカードを受け取らなければならないため、窓口に行くことは必須です。そこで申し込みを済ませれば融資までがスムーズですので、融資が急に必要になればまずは窓口に行く方が賢明です。
人によっては融資を断られることがありますが、このような人達は大抵他の金融機関のローンを利用していることが多いようです。消費者金融といっても返済能力の高い人と契約したいのは言うまでもありません。カードローンを重複して利用しているような人は窓口であったとしても即日振り込み融資を受けるのは難しいでしょう。
また、申し込みからカード受け取りを所定の時間までに済ませるスピードも大切です。受付時間は各金融機関で違いますが、例えば午後2時までの申し込みで即日振り込み融資可能というような金融機関もあります。この時間に間に合わなければたとえ窓口の営業時間内だとしても翌日以降の融資となります。
逆に言えば、他社ローンがなく規定時間内の申し込みであれば即日振り込み融資を受けることは可能ということです。
即日振り込み融資が可能なおすすめカードローンはどれ?はこちら